ここから本文です

ドコモ、Xperia XZ SO-01J、arrows NX F-01Jでソフト更新

8/9(水) 11:26配信

Impress Watch

 NTTドコモは、ソニーモバイル製の「Xperia XZ SO-01J」、富士通製の「arrows NX F-01J」「らくらくスマートフォン4 F-04J」のAndroidスマートフォン3機種と、シャープ製のAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-06F」向けにソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 Xperia XZ SO-01Jでは、カメラ起動時にエラーが表示されて起動できない場合があるという不具合が解消される。あわせて2017年8月のセキュリティパッチが適用される。更新にかかる時間は約26分。更新後のビルド番号は「39.2.B.0.311」となる。

 arrows NX F-01Jでは、ブラウザアプリの空のブックマークフォルダから正常に移動できない場合があるという不具合が解消される。あわせて2017年7月のセキュリティパッチが適用される。更新にかかる時間は約18分。更新後のビルド番号は「V12R055A」となる。

 らくらくスマートフォン4 F-04Jでは、より快適に利用できるように品質改善が図られる。あわせて2017年7月のセキュリティパッチが適用される。更新にかかる時間は約16分。更新後のビルド番号は「V23R078B」となる。

 AQUOS PAD SH-06Fの更新内容は、より快適に利用できるようにするための品質改善。更新にかかる時間は約4分。更新後のビルド番号は「01.01.06」となる。

ケータイ Watch,湯野 康隆

最終更新:8/9(水) 11:26
Impress Watch