ここから本文です

岩井俊二監督×Chara楽曲提供、新山詩織の新曲「さよなら私の恋心」MV公開

8/9(水) 12:12配信

映画ナタリー

岩井俊二が監督を務めた、新山詩織のニューシングル「さよなら私の恋心」のミュージックビデオ(ショートバージョン)がYouTubeで公開された。

【写真】左から新山詩織、Chara。(他8枚)

9月6日にリリースされる「さよなら私の恋心」は、Charaが楽曲提供およびサウンドプロデュースを手がけたバラード。新山は岩井の監督作「スワロウテイル」でCharaの存在を知り、同作から生まれたCharaがボーカルを務めるバンド・YEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」に魅了されたという。Charaの新曲への参加が決まったことから、MVの監督を岩井にオファーし、今回のタッグが実現した。

ワンカットで撮影されたMVは、主人公の心象風景を10数人の女性キャストとともに表現した内容。岩井は「『さよなら私の恋心』をいろいろな女性に演じさせるという、やや過剰かもしれない演出がポーカーフェイスな詩織さんとは絶妙な化学反応になる気がしました」とMVの完成度に自信をのぞかせ、新山も「ずっと憧れていた岩井さんの描く世界に自分がいることが、今でも夢のようです。いつもとは違う、特別な緊張感がありましたが、撮影中『女の子達に寄り添うように』という岩井さんの一言がゆっくり前へと私の手を引いてくれ、気づけば身を委ねるように歩いていました」とコメントを寄せた。

なお岩井による同名ドラマを劇場アニメーション化した「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、8月18日より全国ロードショー。

岩井俊二 コメント
楽曲を聴いていろいろ想像力を掻き立てられ、気がつけば頭の中に浮かんだイメージ通りに仕上がった気がします。
「さよなら私の恋心」をいろいろな女性に演じさせるという、やや過剰かもしれない演出がポーカーフェイスな詩織さんとは絶妙な化学反応になる気がしました。

新山詩織 コメント
ずっと憧れていた岩井さんの描く世界に自分がいることが、今でも夢のようです。いつもとは違う、特別な緊張感がありましたが、撮影中「女の子達に寄り添うように」という岩井さんの一言がゆっくり前へと私の手を引いてくれ、気づけば身を委ねるように歩いていました。まるで物語のワンシーンのような、素敵な映像になりました。ぜひ曲と共に、堪能して頂けたら嬉しいです。

最終更新:8/9(水) 12:12
映画ナタリー