ここから本文です

豊洲市場で親子見学会=東京都

8/9(水) 10:08配信

時事通信

 東京都の築地市場(中央区)からの移転を延期した豊洲市場(江東区)で9日午前、初の親子見学会が開かれた。

 都は6月、都民向け見学会を初めて開催したが、今回は夏休み中ということもあり、小学生と保護者を対象にした。

 見学会では、都職員が水産卸売場や競り見学台などを案内し、市場の仕組みを紹介した。子どもたちは模型のマグロに触れたほか、業者が荷物を運ぶターレ(小型運搬車)に乗って記念撮影もした。

 見学会には38人が参加。終了後、小学4年の平尾紬さん(9)は「いつもは行けない場所だけど、初めて見られてよかった。たくさん魚を売ったり買ったりできたらいいな」と笑顔を見せた。

 市場移転をめぐっては、小池百合子知事が6月、豊洲に市場機能を移した上で、築地を再開発する基本方針を発表。見学会開催などを通じて、豊洲の風評被害払拭(ふっしょく)に向けた取り組みを強化するとしていた。 

最終更新:8/9(水) 12:04
時事通信