ここから本文です

大賞に橋本さん 「いちご王国GP」 栃木

8/9(水) 7:55配信

産経新聞

 都道府県別で県が全国1位の生産量を誇るイチゴの生産拡大、品質向上を目指し、生産農家のイチゴを審査する「いちご王国グランプリ」の表彰式が8日、県庁東館であり、大賞の真岡市、橋本司さん(JAはが野)や、金賞5軒、銀賞7軒の農家が表彰された。

 橋本さんは表彰後、事例発表。花卉(かき)栽培をしていたが、平成26年2月の雪害でハウスが倒壊。地域に技術が根付いていたイチゴに切り替えたといい、薬剤散布がうまくできず病害虫に苦労した1、2年目の反省点も率直に披露しながら、3年目に収穫量が上がったことを説明。子供に毎日、イチゴを食べさせ、正直な感想を聞くなど食味向上に取り組んでいるという。

 表彰式の後は「いちご王国推進会議」が開かれ、県農業試験場いちご研究所の開発研究室チームリーダー、大橋隆さんが環境制御技術について講演するなど県内の取り組みが紹介された。

最終更新:8/9(水) 7:55
産経新聞