ここから本文です

突風で漁船転覆か 乗っていた2人救助 長崎

8/9(水) 12:43配信

朝日新聞デジタル

 9日午前7時40分ごろ、長崎県平戸市の下枯木(しもかれき)島の南西約1・9キロの海上で漁船が転覆しているのを近くの漁船が見つけ、九十九島漁協(同県佐世保市)を通して佐世保海上保安部に通報があった。

 海保によると、佐世保市小佐々町、漁業金子昭仁さん(56)の漁船昭栄丸(4・7トン)で、午前7時ごろ、急に暗くなり、船の左側後方から強い風を受けて転覆したという。金子さんと、乗り込んでいたもう1人の男性は付近にいた漁船に救助された。命に別条はないという。

 金子さんが所属する九十九島漁協によると、当時、「竜巻のようなものすごい突風が吹いた」との情報があり、漁協の事務所前も午前7時15分ごろ、台風並みの風が吹いたという。

 下枯木島は、平戸島の南東にあり、本土の佐世保市との中間付近の島。周辺一帯は西海国立公園になっている。

朝日新聞社