ここから本文です

ベイラー氏死去にブルワーズ指揮官しのぶ「タフな人だった」

8/9(水) 6:01配信

スポニチアネックス

 血液がんの一種、多発性骨髄腫のため7日に68歳で死去したドン・ベイラー氏について各方面で人柄をしのぶ声が聞かれた。

 79年エンゼルスでア・リーグMVPに輝いたベイラー氏は気迫あふれるプレースタイルで知られ、通算267死球はア・リーグ記録。95年にはロッキーズの指揮官としてナ・リーグ最優秀監督にも選ばれた。

 ブルワーズのクレイグ・カウンセル監督は選手時代の最初の監督が同氏で「自分でタフだと言う必要がないぐらいタフな人だった」。ロブ・マンフレッド・コミッショナーは「紳士としての評価がいつも重要な地位に就かせた」と話した。

スポーツナビ 野球情報