ここから本文です

「Firefox 55」公開、「WebVR」対応や高速化など

8/9(水) 12:56配信

ITmedia NEWS

 米Mozilla Foundationは8月8日、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Firefox 55」をWindows、Mac、LinuxおよびAndroid向けに公開した。

【その他の画像】検索先を選べる

WebVRをサポート(Windows版)

 Windows版で「WebVR」をサポートした。WebVRは、Mozillaが主体となって開発するAPI。VR HMDと連係するWebアプリのために、HMDやコントローラの位置や動作の情報を3D空間内の動きに変換する。

 「Oculus Rift」や「HTC Vive」などのVR HMDユーザーは、VRをサポートするWebゲームやアプリをFirefoxで開き、Webページ上のVR HMDのアイコンをクリックすれば、VRで体験できる。

「パフォーマンス」パネルでコンテンツプロセスの数をマニュアル調整

 [オプション]→[一般]タブの[パフォーマンス]で[推奨のパフォーマンス設定を使用]を無効にすると、コンテンツプロセス数を選べるようになる。

 あまりメモリを搭載していないPCではプロセス数を減らすと負荷が減り、ストレスも減りそうだ。Mozillaは、例えば8GB以上メモリを搭載している環境であれば、プロセス数を推奨の4より増やすと速くなるとしている。「われわれのWindows 10でのテストでは、プロセス数が8の場合でも、FirefoxはChromeよりメモリ消費が少なかった」という。

タブ復元付き起動時間の短縮

 起動時に前回開いていたタブを復元する設定にしている場合、起動速度が大幅に短縮された。例えばFirefox 51では1691のタブを復元して起動するのに約8分かかっていたところ、Firefox 55では15秒だったという。

64bit版Windowsユーザーは自動的に64bit版Firefoxに

 64bit版Windowsユーザーが初めてFirefoxをダウンロードする場合、自動的に64bit版Firefoxがダウンロードされるようになった。次のアップデートでは、現在32bit版のユーザーも自動的に64bit版に移行する予定だ。

 テストでは、4GBのメモリを搭載する64bit版Windowsの場合、クラッシュ率は32bit版より39%少ないという。

検索先を選べる「ワンクリック検索エンジン」

 検索バーに検索したい単語を入力すると、検索エンジンの一覧が表示され、そこで検索先を選べる。

 このリストは[オプション]→[検索]→[ワンクリック検索エンジン]で編集できる。

 この他、重要度「最高」の2件を含む複数の深刻な脆弱性に対処した。

最終更新:8/9(水) 12:56
ITmedia NEWS