ここから本文です

盛岡大付、平松が9奪三振 仲間の「守るから!」でピンチ乗り切る

8/9(水) 12:18配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・1回戦、盛岡大付4-1作新学院」(9日、甲子園球場)

 2年連続10回目の出場となった盛岡大付が昨夏王者の作新学院を撃破し、初戦突破。先発した右のエース、平松竜也投手(3年)が2安打1失点、9奪三振で完投した。

【写真】長島三奈さん始球式 長嶋茂雄氏がフォームチェック「グーと言ってくれた」

 初回、「緊張もあった」と自身の暴投で先制点を与えたが二回に同点に追いつくと、五回は4安打を集め、3点の勝ち越しに成功。

 打線の援護もあり波に乗った平松は5回、3者連続三振を奪うなど6回までに8三振をマーク。「直球が走っていなかった」と変化球を中心に相手打線を抑え、迎えた九回。

 二死から連続死球、四球で満塁のピンチを招いたが、仲間の「気持ちでいけ、守るから!」の言葉に勇気をもらい、フルカウントから最後はスライダーで右飛に打ち取った。

 「1番はうれしい気持ち。仲間の声に助けてもらった。(完投は)6回抑えた後にいけるかなと思いました」と笑顔で136球完投を振り返った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 12:50