ここから本文です

おにぎり?せんべい?焼きうどん? 伊勢・マスヤとエースコックがコラボ /三重

8/9(水) 18:16配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 伊勢の菓子製造・販売会社「マスヤ」(伊勢市小俣町)の看板商品「おにぎりせんべい」味の焼きうどんが7月31日、即席カップ麺としてエースコック(大阪府吹田市)から発売された。(伊勢志摩経済新聞)

 「おにぎりせんべい」は1969(昭和44)年発売以来のロングセラー商品。三角形の煎餅で、のりを振りかけたしょうゆ味が定番。同商品の派生商品にはソース味や銀しゃり味のほか、4月にわさび味、5月にすだち味が数量限定販売され人気を集めているという。

 同商品は、エースコックマーケティング本部商品開発グループ2に所属する今西優太さんの提案で実現。マスヤが監修することになり、延べ12回ほどの試食を繰り返しでおにぎりせんべい味に仕上げた。

 今西さんは「個人的におにぎりせんべいファン歴25年なので、ずっとこの企画を温めていてチャンスを狙っていた。100%の再現は無理なので、おにぎりせんべいの香ばしさや袋を開けた時の香りの追求にこだわった。小さな煎餅を入れるアイデアも出たが、あえてネギやキャベツなど入れずに麺とおにぎりせんべい風ののりだけのトッピングにした」と話す。

 マスヤ営業本部チームの田中未来さんは「ツイッターなどを見ていると、おにぎりなの?せんべいなの?焼きうどんなの?というつぶやきなどもあり、お客さまも混乱している様子がうかがい知れる。ワクワクドキドキを感じてもらえれば」とほほ笑む。

 価格は198円。セブン-イレブンと北海道と東北エリアを除くイトーヨーカ堂各店で販売する。

みんなの経済新聞ネットワーク