ここから本文です

ヤクルトの大松が7月のスカパー!サヨナラ賞

8/9(水) 13:03配信

デイリースポーツ

 日本野球機構(NPB)が9日、7月度「スカパー!サヨナラ賞」の受賞選手を発表した。受賞した選手にはトロフィーと賞金30万円が贈られる。

 セ・リーグはヤクルトの大松尚逸内野手(35)が初受賞。大松は7月26日の中日15戦(神宮)、10点差を追いついて迎えた同点の延長十回1死に代打で登場し、右中間席へのサヨナラ本塁打を放った。1シーズン2本の代打サヨナラ本塁打は史上4人目。10点差からの逆転勝利はセ・リーグでは66年ぶりの日本タイ記録となった。

 神宮球場での授賞式に臨んだ大松は、「スカパー!プロ野球PRアンバサダー」のタレント・倉持明日香からトロフィーなどを授与され、「みんながあきらめない気持ちで追いついて、その気持ちをバットに乗せて本塁打になった。忘れられない一打」と当時の興奮を振り返っていた。

 パ・リーグは楽天のジャフェット・アマダー内野手(30)が初受賞。アマダーは7月23日のオリックス13戦(Kobo宮城)で、同点の九回に右中間へ運ぶサヨナラ本塁打。この試合は序盤からリードを許す苦しい展開も、終盤に追いつきアマダーのサヨナラ弾で勝利。楽天が球団創設初となる貯金30の大台に乗せる、記念すべき勝利となった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 18:40