ここから本文です

韓国 きょうのニュース(8月9日)

8/9(水) 18:00配信

聯合ニュース

◇米朝が一触即発の状況 急速に高まる朝鮮半島の危機

 北朝鮮と米国が互いに「戦争」「火の海」という表現を露骨に使いながら応酬を繰り広げ、朝鮮半島で危機感が急激に高まっている。北朝鮮は9日、朝鮮人民軍総参謀部の報道官声明を通じ「米国が新たに考案し敢行しようとする『予防戦争』に対しては、米国本土を含む敵のすべての牙城を根こそぎ消す全面戦争で対応することになる」と警告した。これに先立ち、トランプ米大統領は8日(現地時間)、休暇先の米ニュージャージー州で記者団に「北朝鮮はこれ以上、米国を脅さないほうがいい。さもなければ、世界が見たこともない炎と怒りに直面することになる」と警告した。

◇北朝鮮軍の威嚇 韓国「韓米当局は動向注視」

 北朝鮮が米軍基地のあるグアムを「包囲射撃する作戦」を検討中と言及したことに関し、韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は9日の定例会見で、「韓米政府当局は北の追加挑発に備え動向を鋭意注視している」と述べた。韓国軍はさまざまな状況に備え万全の態勢を備えているとしながら、「北が挑発をやめ、態度を変えることが重要だ」と強調した。

◇韓国の就業者数 6か月連続30万人以上増加

 韓国統計庁が9日発表した雇用動向によると、7月の就業者数は2691万6000人で前年同月比31万3000人増加した。月ごとの増加幅は2月以降6か月連続で30万人以上を維持している。就業者数の増加幅が6か月連続で30万人以上を維持している。建設業の就業者数の増加幅は鈍化したが製造業の就業者数が2か月連続増加し、全体の就業者数増加をけん引した。しかし、若年層(15~29歳)の失業率は悪化し、就職活動中の学生も過去最多を記録するなど雇用の質は依然、回復していない。

◇中国・四川省で地震 韓国人観光客は全員避難

 中国の四川省アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝(きゅうさいこう)県で8日に発生した地震により多数の死傷者が出たが、韓国人観光客は全員避難したことが分かった。同省・成都の韓国総領事館の関係者によると、同県を訪れていた韓国人観光客は99人で、全員が成都に避難したと明らかにした。

◇猛暑で家畜が大量死

 韓国行政安全部によると、今年の猛暑で死んだ家畜はニワトリ269万1000羽、カモ5万7000羽、ウズラ2万羽、豚1万頭に上る。家畜の大量死は先月20日ごろから始まり、猛暑が到来した同25日からは1日平均1万~6万の家畜が死んだ。

◇日本で朝鮮半島出身軍人・軍属死者名簿出版

 日本による植民地時代に軍人・軍属として強制動員され命を落とした朝鮮半島出身者の名簿を20年以上にわたり整理し、本にまとめた日本人がいる。主人公は菊池英昭さん。菊池さんはこのほど「旧日本軍朝鮮半島出身軍人・軍属死者名簿」を日本で出版した。

◇7月のICT輸出20.9%増 2桁の伸び続く

 韓国の科学技術情報通信部と産業通商資源部は9日、7月の情報通信技術(ICT)分野の輸出額は前年同月比20.9%増の157億1000万ドル(約1兆7300億円)だったと発表した。9か月連続のプラスで、7月としては過去最高を記録した。増加率も8か月連続で2桁となっている。

最終更新:8/9(水) 18:00
聯合ニュース