ここから本文です

バド桃田 代表復帰に意欲「応援してくれる人のために」

8/9(水) 6:01配信

スポニチアネックス

 バドミントンのヨネックス・K&Dグラフィックス・インターナショナルシリーズ(米カリフォルニア州)男子シングルスで優勝した桃田賢斗(22=NTT東日本)が8日、帰国した。

 千葉県市川市の練習場で会見し、国際大会では約1年4カ月ぶりとなる優勝に「納得のいくプレーもあり優勝で終われたのは良かった」と収穫を口にした。トップ選手が出ていない大会だったが「今の自分には妥当なレベル。下積みがないとトップの人とやっても勝負にならないので、地道に」と足元を見つめた。

 9月に出場を予定しているベルギーインターナショナルで世界ランクのポイント上積みを狙う。「応援してくれる人のためにも大舞台で戦いたい気持ちはある」と日本代表へも意欲を見せた。