ここから本文です

「甲子園、ベンチの空気が違った」土浦日大、粘れず敗退

8/9(水) 15:59配信

朝日新聞デジタル

(9日、高校野球 松商学園12―3土浦日大)

 打ち勝つ粘りの野球を掲げる土浦日大だったが、力を発揮できなかった。

 序盤から着々と得点を許す苦しい展開。茨城大会決勝では5点のビハインドを跳ね返したが、「甲子園では、ベンチの空気が違っていた」と主将の三村。六回無死満塁では自らの中犠飛でチーム初得点をあげたものの、じりじりと点差を広げられた。「取られたら取り返す野球ができなかった」と残念がった。

 主力は2年生も多い。「甲子園での試合を1回経験できたので、次はやってくれると思う」と後輩にさらなる飛躍を託した。


     ◇

 ●小菅監督(土) 「富田なりに一生懸命投げたが、変化球を狙い打ちされた。相手が研究してきていたのを乗り越えられなかった」


 ●星野(土) 茨城大会決勝で決勝適時打の殊勲者は甲子園でも1安打。「うれしかったけど守りでミスが出た。2年生には来年ここで1勝してほしい」

朝日新聞社