ここから本文です

【関屋記念】マイネルハニー 馬なりのまま2馬身先着「正攻法でどこまで踏ん張れるか」

8/9(水) 21:15配信

東スポWeb

【関屋記念(日曜=13日、新潟芝外1600メートル)注目馬9日最終追い切り:美浦】マイネルハニー(写真右)は主戦・柴田大を背に南の角馬場で体をほぐした後、ウッドコースへ。しっかり助走を取って5ハロン標識手前から加速。この時点で先導役の3歳未勝利馬ははるか10馬身前方。残り3ハロンでもその差は8馬身あったが、やはり役者が違った。

 ハミをしっかり取って戦闘モードに入るとぐいぐい接近。直線では一杯に追われる僚馬をあっさりかわし馬なりのまま2馬身先着のフィニッシュを決めた(68・8―39・1―12・6秒)。陣営はデキに太鼓判を押した。

 栗田博調教師「時計うんぬんではなく反応が抜群だった。夏負けを乗り越えて良い状態で臨める。あとは正攻法でどこまで踏ん張れるか」

最終更新:8/15(火) 18:42
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ