ここから本文です

ヴェネツィア映画祭で金獅子賞に輝いたフィリピン映画、チラシ&特報4種公開

8/9(水) 18:00配信

映画ナタリー

第73回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で最高賞にあたる金獅子賞に輝いたフィリピン映画「The Woman Who Left(英題)」が、「立ち去った女」の邦題で公開。このたびチラシビジュアルと特報がそれぞれ4バージョン解禁された。

【写真】「立ち去った女」女は“女”を救う。編チラシビジュアル(他3枚)

上映時間3時間48分におよぶ本作は、「痛ましき謎への子守唄」などで知られるラヴ・ディアスがメガホンを取った復讐劇。恋人の策略により殺人の罪を着せられ30年間投獄された無実の女が、自分を陥れた男を追って孤独な復讐の旅に出る。

YouTubeにて公開された4種類の特報には、すべてワンシーンワンカットの場面を収録。ディアスの監督作の特徴である長回しの魅力を味わえるモノクロ映像になっている。また4種類のチラシを集めるとプレゼントがもらえるキャンペーンを実施。詳細は公式サイトにて発表される予定だ。

「立ち去った女」は10月より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。

最終更新:8/9(水) 18:00
映画ナタリー