ここから本文です

再びKEIKOの歌声を…小室哲哉が回復明かす「今の私にあった曲なら唄えるよ、と」

8/9(水) 12:51配信

スポニチアネックス

 音楽プロデューサーの小室哲哉(58)が9日、自身のツイッターを更新。2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在はリハビリ中の妻で歌手のKEIKO(44)の近況を伝えた。

 8月9日は、2人が所属する「globe」が1995年にファースト・シングル「Feel Like dance」をリリースしてデビューした記念日。小室はこの日朝、「今日はglobeの誕生日!私のためにも音楽の仕事を頑張ってるって、言葉にする機会が増えてきた。ありがとう」とツイートした。

 そして療養中のKEIKOについて「発症後、より一層桂子は理解を深めている。最近、今の私にあった曲なら唄えるよ~とも」と、音楽活動再開への意欲を示していることを明かした小室。「桂子がkeikoになれるかもと、、僕こそ信じないとね!」と続け、再びあのパワフルな歌声を聞ける日を心待ちにした。