ここから本文です

ガソリン、2週ぶり値上がり

8/9(水) 16:22配信

時事通信

 資源エネルギー庁が9日発表したレギュラーガソリンの1リットル当たりの店頭価格(7日時点)は、全国平均が前週より0.2円高い131.2円と2週ぶりに値上がりした。

 産油国の輸出制限で原油の供給過剰が緩和されるとの観測が高まり、原油価格が上昇したのが主因。

 都道府県別では、値上がりしたのは29道県。上げ幅は青森が2.2円で最も大きく、滋賀が1.6円、岡山が0.9円で続いた。1リットル当たりの最高値は沖縄の140.0円。

 給油所は需要がピークを迎えるお盆には高値を維持するとみられ、価格調査を担当する石油情報センターは「来週も小幅に値上がりする」と予想している。 

最終更新:8/9(水) 19:28
時事通信