ここから本文です

巨人・畠の本拠地初登板は5回2失点で降板 打線の援護なくプロ3勝目はならず

8/9(水) 20:27配信

デイリースポーツ

 「巨人-阪神」(9日、東京ドーム)

 巨人・畠世周投手が先発し、5回6安打2失点で降板した。

【写真】陽岱鋼が好走塁!魅せた“神の手”

 本拠地・東京ドームでは初登板となったルーキー。初回2死から福留に一塁線を破る二塁打を許すと、続くロジャースに中前適時打を放たれ先制点を献上した。0-1の三回1死二塁には福留に左翼線へ適時二塁打を与え追加点を許した。

 2点ビハインドの五回の打席で代打を送られマウンドを降りた右腕。打線の援護なく、プロ3勝目はならなかった。

スポーツナビ 野球情報