ここから本文です

北原鉱治氏死去=成田反対運動率いる

8/9(水) 18:30配信

時事通信

 北原 鉱治氏(きたはら・こうじ=三里塚芝山連合空港反対同盟・北原派事務局長)9日午後1時46分、老衰のため千葉県富里市の病院で死去、95歳。

 同県出身。葬儀の日程などは未定。

 成田空港建設が決まった1966年7月の閣議決定直後から反対運動に関わり、空港反対同盟が結成された同8月、事務局長に就任。反対同盟が「北原派」と「熱田派」に分裂した83年3月以降、北原派を率いた。

 熱田派メンバーの多くがその後、国などと和解したのに対し、北原派は「空港絶対反対」の主張を続け、北原氏も集会であいさつに立つなどして運動の核となってきた。 

最終更新:8/9(水) 18:59
時事通信