ここから本文です

辺野古反対の現職出馬へ=沖縄・名護市長選

8/9(水) 20:34配信

時事通信

 沖縄県名護市の稲嶺進市長(72)は9日までに、来年2月4日投開票の市長選に3選を目指して立候補する意向を固めた。

 稲嶺氏は後援会幹部に「今の置かれている状況からすると、ここで退くわけにはいかない」と伝えた。23日に正式表明する。

 稲嶺氏は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設阻止を掲げている。市長選は稲嶺氏と、移設の是非について明言を避けている自民党系の渡具知武豊・名護市議(55)との一騎打ちとなる公算が大きい。 

最終更新:8/9(水) 20:41
時事通信