ここから本文です

復興願う「竹とんぼ」 10月、福島で全国大会

8/9(水) 10:01配信

福島民報

 国際竹とんぼ協会の第35回全国竹とんぼ競技大会in福島は10月21、22の両日、福島市のあづま総合運動公園スポーツイベント広場で開かれる。協会は参加者を募集している。
 「『ほんとうの空』へ飛べ!」が大会テーマ。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を願い初めて県内で開く。21日午後1時半から親子竹とんぼ教室や小学生竹とんぼ大会、22日午前9時半から全国競技大会を開く。
 競技大会では滞空時間を競う滞空競技や高さを争う高度競技、飛距離を競う距離競技などがある。男子、男子シニア、女子の各部門で優勝を決める。
 参加費は競技大会が2000円、親子竹とんぼ教室と小学生竹とんぼ大会は無料。問い合わせは国際竹とんぼ協会副会長で同協会県本部長の高橋達郎さんへ。
 高橋さんは8日、県庁で記者会見し、大会概要を発表し、「福島の子どもたちに竹とんぼの楽しさを知ってほしい」と出場を呼び掛けた。

福島民報社

最終更新:8/9(水) 11:06
福島民報