ここから本文です

渋滞予報士に聞く「お盆の交通対策」 渋滞原因の“サグ”って知ってる?

8/9(水) 7:00配信

SankeiBiz

 もうすぐお盆休み。高速道路の混雑具合が気になる季節だ。渋滞を少しでも避けるために、出発のタイミングに頭を悩ませている方もいるだろう。今年は11日(金)から3連休。NEXCO東日本の5代目渋滞予報士、外山敬祐さんは今夏の渋滞傾向をこう予想する。(SankeiBiz編集部)

◆2017年夏の渋滞は下り線に注意

--今年のお盆時期の渋滞予測について教えてください

 去年から山の日が登場し、昨年は飛び石連休でしたが、今年は3連休(8/11~13)となるため、下り線は多くの方がお盆休みスタートとなる山の日の11日金曜日がピークとなりますね。

 また、今年のGWもそうでしたが、“下り線はピーク前日の夜中から移動する”傾向がみられるため、東北道では10日木曜日の夜から渋滞すると予測しています。

 一方、上り線は去年と比べ、Uターンのタイミングが分散傾向ではありますが、ピークとなる14日、15日の移動には注意が必要です。

--予測を踏まえて、お盆の渋滞を回避するアドバイスはありますか?

 予測は予測として活用していただく一方で、事故や天気などにより交通状況は刻一刻と変化しますので最新の交通情報をご確認の上、最適なルートを選んでいただきたいと思います。 圏央道の開通によって、新たにネットワークができましたし、渋滞状況によっては、最短ルートよりも迂回ルートの方が所要時間が短くなることがあります。

◆渋滞予報士は渋滞予報が当たってはいけない!?

--渋滞予報士という仕事はそもそも、どういったことをしているのでしょうか?

 高速道路でいつ、どれくらいの渋滞が起きるのかを予測して、広く世の中に発表しています。高速道路が混雑する時間を発表することで、混雑する時間をずらした分散利用をしていただくことが狙いです。

--渋滞予測は外山さんが一人で行っているのでしょうか?

 最終的な予測の決定は私が行いますが、私が所属する“交通技術課”のメンバーと、チームで取り組んでいます。特に大型連休の予測に関しては、様々なデータに基づきメンバーが見解を出し合い、予測の精度を上げていきます。

--具体的にどのように予測するのでしょうか?

 過去3年分の渋滞実績を重ね合わせ、これをベースに、予測する日程の曜日配列や、新規開通などの道路状況の変化、周辺地でのイベント状況などの影響要因を加味して、予測をしています。

 例えば、圏央道がまだつながっていなかった年や高速道路の料金割引があった年など、年によって様々な特徴がありますので、それらの影響をどのように反映させていくかが予報士の腕の見せ所ですね。

--予測を活用して渋滞を避ける人が増えれば、結果として予測が外れてしまうのでは?

 これはジレンマですが、渋滞予測が当たるということは予測を活用している人が少ないということを意味しますので、素直には喜べないんです…(苦笑)。渋滞予報士の使命は、あくまで渋滞を予測することで渋滞を避けてもらうことが目的なので、そもそも100%の的中率は目指していません。ただ、あまり当たらないと、“どうせ当たらないだろう”と信用してもらえなくなるので、精度の高い渋滞予測を提供できるよう努めています。ちなみに、実際の予測の的中率は8割ほどです。

◆渋滞が起きる理由の“サグ”とは?

--そもそも、どうして渋滞は起きるのでしょうか?

 渋滞のほとんどは事故や工事ではなく交通集中が原因で発生しています(約8割)。しかもそのうちの6割(全体の45%)が“サグ”と呼ばれる下り坂から上り坂に差し掛かる場所で発生しています。サグ部では、ドライバーが下り坂から上り坂に変化したことに気付きにくく、無意識のうちに速度低下を引き起こしてしまいます。すると、後ろの車との距離が詰まっていき、後ろの車がブレーキを踏み、さらにその後ろの車へとブレーキの波が伝搬していき最後は渋滞が発生してしまいます。

 もし、“サグ”での速度低下に注意していただければ、渋滞をなくすことはできないまでも、減らすことはできます。実は私が渋滞予報士を目指したのは、ドライバーの方に意識を持ってもらうことで、車線を増やすなどのハード対策と同じように渋滞を減らせるチャンスがあるということにやりがいを感じたからなんです。

◆渋滞は追い越し車線から発生する

--渋滞対策のために意識すべきポイントはありますか?

 道路が混んでくると“早く行きたい”と気持ちが先走って、多くの車が右に車線変更をするため、追越車線の利用率が高くなります。そのため、渋滞の大半は追越車線から始まります。

 混雑しているときこそ、はやる気持ちを抑えて走行車線を利用することが渋滞を予防するうえで重要です。

最終更新:8/9(水) 7:00
SankeiBiz