ここから本文です

【関屋記念】ウインガニオン活気あふれる12秒5

8/9(水) 10:59配信

サンケイスポーツ

 3連勝で中京記念を制したウインガニオンは、全8勝のうち6~8月に7勝をあげ、左回りも7勝している“SS”(サマー&サウスポー)だ。

 栗東坂路で単走。中2週だけに余裕を持たせていたが、後半2Fはスピード感十分に12秒3-12秒5。夏馬らしい活気あふれる走りだ。「最後はしっかり上がったし、これでいい。汗をかく時季は代謝がいい。硬くなっていないし」と、西園調教師も合格点を与えた。

 3走前に同舞台の谷川岳Sを逃げ切っており、勝つにはもちろん先手を取りたい。「ハナを切りたいが、同型との兼ね合いがポイント。前走のように離れた2番手ならいいが、前を追いかける形は良くない。左にモタれる面があるのでラチに頼れる左回りはいい。ここを使って休ませるつもりです」と、全力投球の逃げでサマーマイル王座を奪いにかかる。(夕刊フジ)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ