ここから本文です

パナソニックや日立製作所が下落! 日経平均は反落で2万円割れ

8/9(水) 7:15配信

投信1

株式市場の振り返り-日経平均株価は反落、再び終値で20,000円台を割り込む

2017年8月8日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 19,996円(▲59円、▲0.3%) 反落
 ・TOPIX 1,635.3(▲3.9、▲0.2%) 反落
 ・東証マザーズ総合指数 1,117.7(+7.8、+0.7%) 反発
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:866、値下がり銘柄数:1,023、変わらず:133
 ・値上がり業種数:10、値下がり業種数:23
 ・年初来高値更新銘柄数:168、年初来安値更新銘柄数:16
東証1部の出来高は16億5,236万株、売買代金は2兆1,292億円(概算)となり、いずれも前日より増加しました。前日同様、第1四半期決算発表もピークを過ぎ、なおかつサプライズが少なくなったため、模様眺めの動きが強まりました。

ただ、下値を拾う動きが徐々に出始めており、わずかながら動きが出てきた可能性もあります。

そのような中、日経平均株価は寄り付きこそ小幅高だったものの、その後は円高進行を嫌気する形でマイナス圏を推移しました。前場の終盤には一時▲85円安まで下落する場面が見られましたが、後場は20,000円を挟んだ攻防が続き、膠着感が強く出たと言えます。

結局、大引け間際にやや切り返したものの、反落となり20,000円を割り込んで終わりました。

なお、TOPIXも同じような値動きで推移したようです。

東証マザーズ総合指数は反発、売買代金は5日連続で1,000億円割れの薄商い

東証マザーズの出来高は5,860万株、売買代金は798億円となりました。出来高は前日より小幅増加となりましたが、売買代金は小幅減少となっています。

目立った物色テーマがない中で、個人投資家の様子見スタンスが強まり、売買代金は5日連続で1,000億円を割り込みました。

なお、売買代金が5日連続で1,000億円を下回るのは、約半年ぶり(2月3日~10日以来)のことです。ただ、総合指数は小幅反発となりました。引き続き、個人投資家の投資資金の回帰が待たれますが、少し時間を要しそうです。

1/2ページ

最終更新:8/9(水) 7:15
投信1

チャート

ソフトバンクグループ9984
9080円、前日比-67円 - 9/22(金) 15:00

チャート

大塚ホールディングス4578
4529円、前日比+71円 - 9/22(金) 15:00

チャート

オリンパス7733
3870円、前日比+20円 - 9/22(金) 15:00