ここから本文です

チャールズ皇太子と亡きダイアナ元妃の悲哀に満ちた結婚生活を写真で振り返る

8/9(水) 7:00配信

ELLEgirl

8月31日は亡きダイアナ元妃の命日。不運な交通事故から20年経った今でも、彼女の運命とチャールズ皇太子との苦い恋の歴史が人々の興味を引き続けている。婚約会見で記者が「恋をしているか?」と尋ねると、ダイアナ元妃は「はい、もちろんです」と即答したのに対し、チャールズ皇太子は「はい、“恋”が何を意味するかによりますが」と答えた。この発言はダイアナ元妃の喉元を過ぎることなく、永遠に心に残ることとなった。ウィリアム王子&ハリー王子という子宝に恵まれながらも、結婚前から暗雲が漂っていたチャールズ皇太子と亡きダイアナ元妃の歴史を写真で振り返る。

【写真】ダイアナ元妃がプリンセスになるまでのフォトアルバム18選

1981年2月

結婚発表後、カメラの前でポーズをとるチャールズ皇太子とダイアナ・スペンサー

1981年7月29日

結婚式が行われたサン・ポール教会の出口にて

1982年6月1日

英国は将来の君主、ウィリアム王子を迎え入れる

1990年9月

ダイアナ元妃、ウィリアム王子とハリー王子を連れてチャールズ皇太子が腕を折って手術を受けたノッティンガムの病院へ。

1992年2月

ダイアナ元妃、タージマハル宮殿の前で、ひとり

最終更新:8/9(水) 11:46
ELLEgirl