ここから本文です

台風5号は温帯低気圧に 歴代3位の”長寿台風”

8/9(水) 5:29配信

ウェザーマップ

 台風5号は、きょう9日(水)午前3時、山形県沖で温帯低気圧に変わった。ただ、暖かく湿った空気が残っているため、東北や北陸を中心に大気の状態が不安定となる。土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫にも警戒が必要だ。

 台風5号は、きょう9日(水)午前3時、山形県沖で温帯低気圧に変わった。台風5号は、7月21日午前9時に南鳥島近海で発生。台風であった期間は18日18時間と、統計開始以来3番目となる記録だ。

 ただ、温帯低気圧に変わったからといって油断はできない。暖かく湿った空気が残っている影響で、東北や北陸を中心に大気の状態が不安定になり、局地的に激しい雷雨となる見込み。あす10日朝までに予想される雨量は、東北地方の多いところで120ミリとなっている。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所や、増水している河川がある。引き続き、土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水や氾濫にも警戒が必要だ。

Yahoo!ニュースからのお知らせ