ここから本文です

【インタビュー】大原櫻子、最新曲で秦 基博と初タッグ!「シンガーとして鍛えられた」

8/9(水) 17:02配信

トレンドニュース(GYAO)

シンガー・大原櫻子が8月9日に7枚目のシングル『マイ フェイバリット ジュエル』をリリースする。シンガーソングライターである、秦 基博から作詞・作曲の提供を受けた、日常を輝かせるポップ・ソングだ。大原にとって、アーティストとのコラボレーションは初めてとなる。もともと秦の大ファンだったという大原は、ヒット・メーカーから歌の表現力を大きく引き出してもらったようだ。

【ミュージックビデオ】最新曲 「マイ フェイバリット ジュエル」>>

■初のアーティストコラボ! キュンと胸を打たれた歌詞も

「最新シングル『マイ フェイバリット ジュエル』は、“秦さんの世界観に浸ろう”と思って、全面的に楽曲制作を秦さんにお任せしました。私は秦さんの大ファンで、ヒット曲『ひまわりの約束』の中でも、冒頭の“どうして君が泣くの”という出だしが、特に温かくて優しくて大好きなんです。
『マイ フェイバリット ジュエル』を作るときは、まずメロディーだけを聴かせていただきました。あまりにも秦さんらしさ全開のすてきな曲だったので、それを“自分の曲”として歌うイメージを掴(つか)むのが、最初は難しかったですね。でも、後から歌詞がのった楽曲を聞いてみると、夏らしさもあるし、秦さんの曲を“自分の曲”として歌えることにうれしさが込み上げてきました。歌詞は、秦さんが日常の小さい幸せをたくさん書いてくださったんですが、“散歩している犬”というところが、かわいらしくて平和で秦さんらしいなと思いました。キュンと胸を打たれた箇所ですね(笑)」

「秦さんはレコーディング現場で、ボーカルのディレクションもしてくださいました。冒頭の歌詞“買ったばかりの靴 髪を揺らす風 散歩している犬”のところは、『それぞれ情景が違うから、歌を聞きながら、一つ一つのアイテムを思い浮かべてもらえるといいね』など話しながら。
でも、実は結構な数のテイクを重ねているんです。秦さんが、1度目で『完璧! 天才!』と言ってくださったんですが、その後『記念にもう1回!』というのを何度もやりました(笑)。秦さん自身もシンガーなので、アーティスト心を踏まえた上で言ってくださるんだなと(笑)。この曲のレコーディングだけでも、シンガーとしてかなり鍛えられたと思います」

1/3ページ