ここから本文です

やまぐち食彩店に宇部市小野のガルデン・ラ・ヴァンヴェール

8/9(水) 13:29配信

宇部日報

地産地消メニューを提供

 山口県宇部市小野の料理店「ガルデン・ラ・ヴァンヴェール」が、地元産、県産の農林水産物を使用したメニューを提供し、地産地消に取り組む「やまぐち食彩店」に仲間入りし、8日に同店で認定看板の贈呈式が行われた。宇部美祢地域地産地消推進協議会の松永芳明会長から、代表兼シェフの戎谷孝之さん(41)に、看板が手渡された。やまぐち食彩店は県内で同店が230店目。同協議会のエリアでは34店目、宇部市内では22店目となる。

 贈呈式には、同店が使用する食材の生産者も招かれ、松永会長は「多くの人に知ってもらうことが、生産者にも励みとなる。これからも頑張ってほしい」と激励し、認定看板を手渡した。式後には出席者がこだわりの地産地消メニュー「宇部牛100%ハンバーグ」セットプレートの試食も行われた。戎谷さんは「おいしいものを提供することありきで考えたとき、自然と地元産の食材を選んだ。これからも、提供していただいている生産者の皆さんと良いコミュニケーションを取りながら、お客さまに飽きられないようなメニューを提供したい」と話した。

 同店の営業時間は、午前11時半から午後5時(ラストオーダーは4時半)までがランチタイム。ディナーは午後5時からで、予約が必要。定休日は毎週火・水曜で、他に不定休もある。問い合わせは同店(電話0836-64-2011)へ。

最終更新:8/9(水) 13:29
宇部日報