ここから本文です

「きれいに撮れてるね」米寿のお祝い カメラマン撮影の写真 奄美市

8/9(水) 13:07配信

南海日日新聞

 鹿児島県奄美市共同募金委員会(会長・朝山毅市長)は8日、同市笠利町在住の米寿を迎えた69人に、カメラマンが撮影した写真を贈った。副会長の小倉政浩・奄美市社会福祉協議会長が対象者の自宅を訪ね、写真を贈呈。長寿と健康を祝った。

 米寿記念の写真贈呈は、旧笠利町時代の1979年に開始。長年地域に貢献し、米寿を迎えた人々を祝おうと、赤い羽根共同募金の配分金を活用し毎年行っている。

 1930年4月2日~31年4月1日生まれが対象者。同町須野の原田カツエさん(87)は、町内に住む次男の原田廣二さん(61)らと一緒に贈呈を受け、「きれいに撮れてるね。いい記念になりました」と感謝していた。

奄美の南海日日新聞

最終更新:8/9(水) 13:07
南海日日新聞