ここから本文です

15代目『国民的美少女』決定!京都府出身の中学2年生・井本彩花さんが8万150人の頂点に!

8/9(水) 21:57配信

ニッポン放送「しゃベル」

8月8日(水)、米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、河北麻友子らを輩出してきたオスカープロモーションによる「第15回全日本国民的美少女コンテスト」が、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、京都府出身の13歳、井本彩花さんがグランプリを獲得した。

「全日本国民的美少女コンテスト」は、大手芸能事務所・オスカープロモーションが1987年から定期的に開催している、日本最大級の応募数を誇るコンテスト。第15回となる今回は、第1回大会から30年目を迎える節目にあたり、日本からアジア、そして世界へと羽ばたく可能性を秘めた美少女スターの発掘をテーマに開催された。今年の応募総数8万150通の中から厳正の審査のもと、21名のファイナリストが決定していた。そして、最終審査では、自己紹介、歌唱審査、演技審査などを行った。

審査員による審議を待つ間、第13回と第14回の同コンテスト出身者で結成された次世代アイドルユニット「X21」のライブが披露され、会場を盛り上げた。さらには、武井咲、剛力彩芽、吉本実憂、高橋ひかるが登場し、スペシャルトークショーを実施し、コンテストの想い出などを語った。

そして、結果発表となり、グランプリを獲得したのは京都府出身の中学2年生、井本彩花さん。グランプリが決定すると、涙を流して喜び、「こんなわたしがグランプリをとれるとは思っていなかったので、とてもビックリしましたし、とてもうれしいです。本当にありがとうございました。この思いをまずは家族に伝えたいです。」と感激のコメントを寄せた。頂点に立った井本彩花さんは、オスカープロモーションに所属するほか、今後テレビ朝日系ドラマと映画出演、歌手デビューする。

■第15回全日本国民的美少女コンテスト受賞結果
モデル部門賞:谷口桃香(16)
演技部門賞:伊丹彩華(12)
音楽部門賞:藤田桜恵香(12)
グラビア賞:木下凜里乃(17)
マルチメディア賞:竹内美南海(14)
審査員特別賞:玉田志織(15)、石井薫子(12)
グランプリ:井本彩花(13)

ニッポン放送