ここから本文です

メルセデス・ベンツ、新型Sクラスを発表…新開発のV8直噴ツインターボエンジンなどを導入

8/9(水) 17:02配信

オートックワン

メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダン「Sクラス」の新型モデルを発表し、8月9日より予約注文の受付を開始した。なお、納車は9月上旬より順次行う。(S 560 long、S 600 long、メルセデスAMG S 63 long、メルセデスAMG S 65 longは2017年12月頃の納車を予定)

>>新型Sクラスを写真でチェック!(28枚)


メルセデス・ベンツSクラスは、メルセデスのフラッグシップモデルであり、2013年には、時代の最先端を行く「インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー」、「究極の快適性」、「徹底した効率向上」をコンセプトに、「新時代のプレステージカー」として登場し、累計販売台数は世界で30万台を超え最も選ばれているラグジュアリーセダンの一つとなっている。

そして今回、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」を大きく進化。スマートフォンを使用した車外からの遠隔 並列・縦列駐車が可能となった。クルマが通信機能を持ち利便性を飛躍的に向上させる「Mercedes me connect(メルセデスミーコネクト)」を初導入した。

また、気筒休止機能を備え、環境にも配慮した新型V8直噴ツインターボエンジンやAMG4MATIC+の導入など、安全性と快適性、効率性など自動車に求められるあらゆる要素を高次元で究め、装いも新たに生まれ変わった。

最終更新:8/9(水) 17:02
オートックワン