ここから本文です

これぞ最高の青春映画! すべての若者と“元若者”が『スパイダーマン』最新作を観るべき理由

8/9(水) 19:30配信

dmenu映画

『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『怪盗グルー』の最新作に、『銀魂』や『カーズ3』やトム・クルーズの『ザ・マミー』などなど──ああもう、話題の映画ばっかりで、いったいどの映画が一番お薦めなの!? と嬉しい悲鳴を上げずにはいられないこの夏だけど、(個人的に)一番お薦めしたいのはマーベル映画最新作の『スパイダーマン:ホームカミング』。「えー、変身ヒーローものでしょ?」「ただのアクション映画なんじゃないの?」と思っているあなたはちょっと待って! いやこれ、全然違うんです。青春のトキメキとほろ苦さを知っている人なら、誰もが「うんうん分かる!」とうなずける物語。「憧れの“あの人”みたいになりたい!」と願う15歳の男の子ががんばりまくる、最っ高の“青春映画”なのです!

【画像】『スパイダーマン:ホームカミング』に登場するアイアンマン。そのギャラ事情とは

“なりたい自分”になろうとがんばる15歳

どんな人でも若いときには(もちろん今でも)「こんな人になりたい」という憧れがあったはず。それはスポーツ選手でもスターやアイドルでもなんだっていい。もっと小さな話で言えば、「大好きなあの人に振り向いてもらいたい」という気持ち。がむしゃらな10代ならなおさら、その想いを遂げるために力いっぱい奮闘しちゃうというものです。

今作『スパイダーマン:ホームカミング』は、あることをきっかけに特殊能力を得た15歳の高校生ピーター・パーカーが、同じ「マーベル・シネマティック・ユニバース」(マーベル映画の世界観)の立役者的キャラクターであるアイアンマンのサポートを得ながら、真のヒーローとして成長する姿を描く物語。政府の機密物資を盗み、武器の密売で暗躍する謎の男・バルチャーに敢然と立ち向かいます。いわば、“高校の部活動”(=スパイダーマンとしてのローカルなヒーロー活動)に必死だったピーターくんの前に、憧れのプロ・スポーツ選手(=スーパーヒーローの大先輩アイアンマン)が現れて、「お前、なかなか見どころあるじゃないか。その調子でがんばれば俺のチームに引き抜いてやる」と目をかけてもらうわけなのですが、そりゃ舞い上がって必要以上にがんばっちゃいますよね。で、その気持ちが空回りしすぎて、とんでもない大事件を招いてしまい、ピーターくんは大ピンチを迎えてしまうのですが……。

1/2ページ

最終更新:8/9(水) 19:30
dmenu映画