ここから本文です

ホークス鶴岡プロ初代打弾

8/9(水) 6:06配信

西日本スポーツ

 ベテランが一振りに意地を込めた。8点ビハインドの6回無死一塁。代打で打席に入った鶴岡が強烈な光を放った。1ボールから先発石川の外角カットボールにバットを合わせた。右翼席への3号2ランはプロ15年目で初めての代打弾。「最近試合に出ていなかったので、思い切りいこうと思って打席に入った」とファーストストライクを迷いなく振った。

【写真】あぁ惜しい~ 柳田のスライディングキャッチ、わずかに及ばずボールがこぼれた瞬間

 1日のオリックス戦以来の登場。7月は出場1試合にとどまった36歳は「チャンスはあまりないから」と口元を引き締めた。出番が限られる中で、ヒットは3本続けて本塁打と存在感は高まる。5-11の7回1死一塁でも左前打でつなぎ今季初のマルチ安打。この一打で先発の石川を引きずり降ろした。

 とはいえ、試合後には当然笑みはない。6回の守りからマスクをかぶり、岡本、嘉弥真、森をリードして3イニングで計9失点。「点を取られすぎてしまった。カードの初戦なのに」とリードで貢献できなかったことを何よりも悔やんだ。「他のキャッチャーと話しながら、どうにかしなくちゃいけない」。17失点は今季ワースト。中継ぎ陣の疲労は色濃いだけに、女房役としての仕事を果たしたい一心だった。

西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 6:15