ここから本文です

【映像】英警察大チョンボ “爆弾男”を拘束しながら釈放

2017/8/9(水) 15:20配信

アフロ

 英国マンチェスター警察は、手荷物に忍ばせた手製のパイプ爆弾を航空機に持ち込もうとした男を一旦は拘束しておきながら、爆弾を本物と認識せずに釈放していたことが、当局の発表で明らかになった。
 ナディーム・ムハマッド容疑者(43)は今年の1月30日、英国マンチェスター空港からライアン航空のイタリア行きの便に乗る予定だったが、空港警備員が手荷物検査でマスキングテープやバッテリー、マーカーペン、ニトログリセリン、ニトロセルロースなどで作られた“爆弾”を発見。
 ところが、身柄を拘束したマンチェスター警察は、この爆弾を“本物”とは認識せず、パキスタン生まれでイタリアのパスポートを所持していたムハマッド容疑者は、テロ対策担当官に尋問されただけで釈放された。
 ムハマッド容疑者は2月12日、イタリアからマンチェスターに戻ったところを逮捕され、「人命を危険にさらす意図で爆発物を所持した」として、マンチェスター裁判所で有罪判決を受けた。
 マンチェスターといえば、去る5月にはコンサート会場で起きた自爆事件で22人が死亡した英国第二の都市だ。

(イギリス、マンチェスター、8月8日、映像:PA/AFLO)

最終更新:2017/8/9(水) 15:20
アフロ