ここから本文です

コレサワ「寄り添えるアーティストに」メジャーへの決意/インタビュー

8/9(水) 19:00配信

MusicVoice

 シンガーソングライターのコレサワが8月9日に、メジャーデビューアルバム『コレカラー』をリリース。女子の飾らない素直な気持ちを、ポップなサウンドにのせて歌う彼女はメディアでは顔だしをせず、「れ子」ちゃんという愛らしいクマのキャラクターがビジュアルを担当する。2015年4月29日には初の全国流通盤、1st EP「君のバンド」をリリース。インディーズで経験を積み、今やライブは7、8割を10代女子が占め、少女たちから圧倒的な支持を受けている。「自分はちゃんと曲と歌詞で勝負して、寄り添えるアーティストになりたい」と話すコレサワ。これまでの歩みや楽曲の制作背景、地元愛、家族愛、女子への応援歌についてなど多岐にわたり話を聞いた。

大人と一緒にやることの大事さがわかった

――いよいよメジャーデビューですね。

 今のスタッフに出会うまで、4年くらいずっと1人で地下のライブハウスでやっていたんですけれど。体感としては長いという感じではなくて、こんなものかな、と。私のチームは「すぐメジャーに行くより、ちゃんと力をつけてからやらせたい」と考える人たちだったので、いいタイミングだと思いました。

――コレサワさんは高校生の時にオリジナル曲を作り、それでオーディションに受かったのがきっかけだったとか。

 高校3年の夏です。それで上京して2年間、専門学校で学びました。私はYUIさんが好きで。うちらが中学生くらいのときはYUIさんや絢香さんとか、10代のデビューが当たり前で、だから「女の子は10代でデビューできないといけない」と思っていたんですけれど、最近はガラッと変わってきていますよね。20代でデビューしているSSWを見て、「女の子でも、20代後半でデビューできるんだ」とわかって。逆に最近は若いからとフィーチャーされている子はあまりいない。それで年齢は気にしなくなりました。

――今のスタッフに会われたのが大きいそうですが。

 「私の音楽を一緒に広めようとしてくれている人に会いたい」とはずっと思っていました。それで今のマネージャーがライブハウスの人に「最近、いい子いない?」と尋ねて、私のCDをたまたま聴いてくれて、ライブに来てくれることになったんです。でも今まで何も声をかけずに帰ってしまう人が多かったので、またそんな感じかなと思っていたら、ちゃんと「一緒にやろう」みたいな感じで来てくれて。

――それはいつごろのことですか?

 2014年です。「君のバンド」という曲があったから、出会ってすぐに「これ出そうよ」と。それでインディーズで出させてもらいました。やっぱり1人でやっていても、小娘の力だけじゃどうにもならない。大人がちゃんと一緒にやって広めてくれることの大事さも、すごくわかったから。今、もし大人を信じられなくて「1人でやる」と言っている女の子がいたら「でも、いい大人はいるから」と伝えたいです。

 絶対に知恵を出し合って動いた方が、いろいろなことができるし。たとえばマネージャーは私のキャラクターである「れ子ちゃん」の着ぐるみを「作りたい」と言ったら「いいじゃん」と賛成してくれたり。作るには当然お金もかかるんですけれど、そういうことをちゃんと面白がってくれる感性を持った人が今のコレサワの周りにはいるから、うまいこと回っているんじゃないかなと思います。それを「お金がかかるからダメだよ」とかおもしろがってくれなかったらやっていけないな、と思います。

――曲についてはどんなことを言われましたか?

 今までは全員おじさんスタッフだけだったんですけれど、デモができて聴かせたときに、みんなあんまり「ぱっとしない」みたいな顔をされるときもあって。「おじさんだから、わからないんじゃないですか」と切れそうになったりしたときもあったんですけれど(笑)。

 でも逆に女の子の歌を歌って、それをおじさんスタッフが「いい」と言ってくれた曲は、世間に出したときに、女の子も男の子も「いい」って言ってくれるんですよ。アルバム10曲目の「女子諸君」は女の子だけに向けた曲だけれど、スタッフや観に来てくれた男の子とかおじさんも、みんな「良い」と言ってくれたので。それが異性に受けたときは、本当にいい曲なんだな、とは思ったりします。

――今回12曲収録されていますが、どういう基準で選曲しましたか?

 「君のバンド」と「あたしを彼女にしたいなら」はライブでいつもやる曲なので。このデビューアルバムで初めて知ってくれる人がたぶんいると思うから、その人たちにも聴いてほしい曲なので入れました。それ以外は自然と制作のときにできた曲を全部入れたという感じです。

1/4ページ

最終更新:8/9(水) 19:00
MusicVoice

Yahoo!ニュースからのお知らせ