ここから本文です

マンUの“新CB“リンデロフの能力に疑問 パーデュー「彼の1VS1は不安にさせるよ」

8/9(水) 18:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

レアル戦でのパフォーマンスは評価されず

マンチェスター・ユナイテッドは、今夏最終ラインにベンフィカからDFヴィクトル・リンデロフを獲得した。リンデロフは即戦力と計算されており、今後はエリック・バイリーとリンデロフがセンターバックの主軸になっていくと見られている。

「今季のプレミアは史上最強の戦いになる」

しかし、リンデロフはここまで期待通りのパフォーマンスを見せられていない。8日にはレアル・マドリードとのUEFAスーパーカップに出場したものの、この試合でも相手のアタッカーを見失ったりガレス・ベイルへの対応が遅れるなど、不安な部分が見られた。

英『sky SPORTS』によると、この試合で解説を務めたアラン・パーデュー氏もリンデロフのパフォーマンスに不安を覚えたと正直な感想を述べている。同氏は前マンU指揮官アレックス・ファーガソン氏の言葉を思い出しており、リンデロフの能力を疑問視している。

「ユナイテッドはセンターバックが必要だったが、リンデロフのマドリーに対するパフォーマンスは不安にさせた。プレシーズンから懸念があったね。現時点では彼は苦しんでいる。ポルトガルの国内リーグは毎週プレミアリーグのようなチャレンジがあるわけではない。セットプレイの激しさ、センターバックへのプレッシャーは非常に難しい」

「常にファーガソンが私に言っていたことを思い出す。ユナイテッドの2枚のセンターバックは2VS2の状況に対処できないといけないとね。全ての選手は後方に引いた相手を崩して勝利するために攻撃的にプレイするから、1VS1に対処しないといけなんだ。リンデロフの1VS1は不安にさせるよ」

マンUはリンデロフ獲得に3000万ポンドを投じているが、果たしてこの補強は吉と出るのか。現時点ではサポーターも不安を感じていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合