ここから本文です

「彩夏のごっつおう弁当」など最優秀 いわき・100歳弁当コンテスト

8/9(水) 11:22配信

福島民友新聞

 JA福島さくらいわき地区女性部は7日、いわき市の同JAいわき地区本部で「100歳弁当コンテスト」を開き、「5色を食べて達者が一番部門」最優秀賞に渡辺支部の「彩夏のごっつおう弁当」、「乳和食部門」同賞に菊田支部の「乳和食弁当」を選んだ。

 100歳まで健康で元気な体を目指そうと展開する取り組みの一環。赤、緑、黄、黒、白の5色のバランスを見る「5色を食べて達者が一番」部門に18支部、牛乳の味を生かし減塩効果を取り入れた「乳和食」部門に5支部が工夫を凝らした弁当を出品した。

 パレスいわやの渡部賢治洋食調理長を審査委員長に同JAいわき地区本部や女性部の職員が審査員を務めた。

 出品弁当は、緑黄色野菜や果物、穀物などで盛り付けられたほか、地場産食材なども使用されており、見た目や栄養も審査基準となった。

 両部門の入賞弁当は全国コンテストに出品される。

福島民友新聞

最終更新:8/9(水) 11:22
福島民友新聞