ここから本文です

インターハイ選手、ヒマワリで歓迎 福島高生があづま体育館に設置

8/9(水) 11:38配信

福島民友新聞

 福島高の生徒が育てたヒマワリが、福島市のあづま総合体育館に設置されている。

 ヒマワリの種を通じた復興支援活動に取り組む「福島ひまわり里親プロジェクト」から同校の生徒が種を譲り受けて育てたもので、南東北インターハイのハンドボール競技の会場を訪れる全国の選手らを歓迎しようと設置した。

 ヒマワリの栽培に関わってきた同校3年の鈴木陽介さん(18)は「ヒマワリを通じて福島との絆を考えてほしい」と話した。

 大会終了後ヒマワリは田村市に移動し、蜂蜜採取に活用される予定。

福島民友新聞

最終更新:8/9(水) 11:38
福島民友新聞