ここから本文です

第1シードの望月勇希(中央大2年)が初戦敗退 [インカレテニス]

8/9(水) 23:41配信

THE TENNIS DAILY

「平成29年度全日本学生テニス選手権大会(男子85回/女子61回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/予選8月3~5日、本戦8月7~13日/ハードコート)の本戦3日目、8月9日は男女シングルス2回戦、女子ダブルス2回戦の一部が行われた。男子シングルス一部の試合と、女子ダブルスは日没のため10日に順延となった。

中央大2年の望月勇希がフューチャーズ大会初優勝 [香港F2フューチャーズ]

     ◇   ◇   ◇

 男子シングルス2回戦で波乱が起きた。昨年のファイナリストで第1シードの望月勇希(中央大2年)が初戦の2回戦で姿を消した。大金星を挙げたのは予選から勝ち上がった町田亮(早稲田大3年)。スコアは3-6 6-2 7-6(4)だった。

「ミスをしても最後まで攻めていくことができた」と町田。最終セット5-6の第12ゲームでは3度のマッチポイントを握られたが、それをことごとくしのぎ、ファイナルタイブレークへ持ち込んで勝利を手に入れた。

 ドローを見たときは「最悪だな」と思ったが、「やれることをやり、自分の力を出しきろうと思った」と町田が言う。望月の強打に耐え、チャンスでは積極的に打ち込んでいった。ふたりは昨年の予選でも対戦し、町田がその借りを返すかたちとなった。

 望月は最終セット2-3でトレーナーを呼び入れた。腰の痛みがあったが、それは言い訳にせず、「向こうが強かった。しっかりと打ち返してきた」と勝者を称えた。「反省するところはして、また出直しです」と前を向いた。

 第4シードの竹元佑亮(関西大4年)もシードダウン。予選を突破した千頭昇平(早稲田大1年)に2-6 6-7(3)のストレート負けだった。千頭は果敢にネットを奪い、積極的に仕掛けてポイントを重ねた。

 女子シングルスも昨年のファイナリストが2回戦で敗れた。第2シードの細沼千紗(早稲田大4年)が、これまた予選を勝ち上がった下地奈奈(法政大2年)に1-6 6-2 4-6のフルセット負けに終わった。

「自分で自分に重圧をかけてしまった」と細沼が肩を落とす。昨年までは楽しんでプレーすることができていたが、現在はそれができずに苦しんでいる。下地のプレーも粘り強かったが、細沼が自分で自分を追い込んでしまった。

 上位8シードでは、第5シードの村瀬早香(慶応義塾大4年)が藤原夕貴(姫路大2年)に2-6 6-1 3-6で、第8シードの小池颯紀(園田女子大2年)が予選突破の鈴木葵(専修大3年)に2-6 5-7で敗れている。

 大会4日目は、男子シングルス3回戦、男女ダブルス2回戦、本日の男女ダブルス2回戦の順延試合が行われる。試合開始は9時の予定。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

最終更新:8/10(木) 7:45
THE TENNIS DAILY