ここから本文です

中日快勝、京田が初の5安打3打点! 下位の藤井、堂上、松井雅もマルチ

8/9(水) 21:32配信

ベースボールキング

○ 中日 7 - 1 広島 ●
<17回戦 ナゴヤドーム>

 中日が開幕から7連勝中だった広島先発・大瀬良を攻略。1番京田の5安打3打点2盗塁の活躍もあり、引き分けを挟み2連勝とした。

 中日は初回、京田の二塁打と三盗で一死三塁の好機を作ると、3番ビシエドの遊ゴロの間に京田が先制のホームイン。1-1の5回は7番堂上、8番松井雅の連打などで一死二、三塁の好機を作ると、大瀬良の暴投の間に勝ち越し点を奪った。

 さらに一死三塁から、京田が右前適時打を放ち3点目。中日は続く6回も下位打線がチャンスメイクすると、二死から8番松井雅、代打・松井佑の連続適時打で5-1と広島を突き放した。

 なおも二死二、三塁と好機は続き、1番京田の当たりはどん詰まりの一ゴロ。しかし、大瀬良のベースカバーが遅れる間に京田は一塁へ頭から突っ込むと、これが間一髪セーフ。この間に二塁走者の松井佑まで生還し、珍しい2点適時内野安打となった。京田は8回にも内野安打を放ち、ともにプロ入り最多となる5安打3打点。さらに2盗塁を記録するなど、自慢の足でも広島守備陣をかき回した。

 中日は6番藤井、7番堂上、8番松井雅も揃ってマルチ安打。この日は下位打線のチャンスメイクを京田が還す形で、大瀬良から計7点を奪った。

 先発の大野は6四球と制球に苦しんだが、要所を締める投球で失点はソロ被弾による1点のみ。何とか試合を作り、7月7日DeNA戦以来の白星となる、今季4勝目(6敗)を手にした。

 広島は不安定だった大野を捕まえ切れず、3回、4回、5回と3イニング連続の併殺打。ディフェンス面でも大瀬良のカバー遅れなどミスが多く、ナゴヤドームでは引き分けを挟み4連敗となった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報