ここから本文です

実家に帰省したとき困ること、1位は気を使うとできないアレ、SUUMO調べ

8/9(水) 6:00配信

SUUMOジャーナル

夏休み、休みがとれるお盆の時期に帰省するという方も多い。自分の実家はくつろげる、しかし、パートナーの実家では歓迎されても、なんとなく居心地がよくなくて気を使いそわそわ……なんてことも。
そこで(株)リクルート住まいカンパニーが運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、夫や妻の実家で気を使う、困ることについて調査し、結果を「SUUMOなんでもランキング」としてまとめた。

【調査概要】
●調査時期:2017年4月5日~2017年4月7日
●調査対象者:全国の20~59歳までの男性208名・女性208名
●調査方法:インターネット
●有効回答数:416

【調査結果】
Q.夫や妻の家に帰省。気を使う・困ることは?(複数回答可)
1位:ごろごろできない 13.5%
1位:やることがなく手持ち無沙汰になる 13.5%
3位:普段会わない親戚と会話しないといけない 13.2%
4位:食事の準備片付けをしないといけない 6.3%
5位:食事を残せない(量が多い) 4.3%
5位:好きなTVを見られない 4.3%
7位:贈り物・お土産のセレクト 3.8%
8位:朝早く起きないといけない 3.1%
9位:タバコを吸えない 2.9%
10位:お酒の相手をしないといけない 2.6%
※上位10位まで掲載

全体の1位は、同率で「ごろごろできない」(13.5%)、「やることがなく手持ち無沙汰になる」(13.5%)。「ごろごろできない」では、「気が抜けない(39歳・男性)」「リラックスできません(30歳・女性)」などの声が。「やることがなく手持ち無沙汰になる」では、「勝手に好きなことをやっているわけにいかない(52歳・男性)」「ただでさえ緊張で頭が真っ白なのに動いていたほうがまだまし(34歳・女性)」などのコメントがあり、緊張する空間であることがわかる。

3位は「普段会わない親戚と会話しないといけない」(13.2%)。ここでは「年配だから話が合わない(26歳・女性)」「話題に困る。めったに会わないので話の内容に苦労するから(46歳・男性)」などの声が。その場に子どもたちがいれば話題も困らない気がするが、大人だけ集まった場合などは苦労しそう。

4位は「食事の準備片付けをしないといけない」(6.3%)、5位は「食事を残せない(量が多い)」(4.3%)「好きなTVを見られない」(4.3%)と、食事絡みが続く。準備片付けでは、「キッチンに入るのに気を使う。家庭によってやり方が違うから難しい(28歳・女性)」「会話もなくてそれだけのために来ている感じがして苦痛(41歳・女性)」といった女性の声が多数あった。「食事を残せない」では、「残したくても気を使って全部食べている(24歳・男性)」といった涙ぐましいコメントも。

【男女別ランキング】
Q.夫や妻の家に帰省。気を使う・困ることは?(複数回答可)
<男性>
1位:やることがなく手持ち無沙汰になる 16.8%
2位:ごろごろできない 12.0%
3位:普段会わない親戚と会話しないといけない 11.5%
4位:好きなTVを見られない 5.3%
5位:お酒を断れない 3.4%
※上位5位まで掲載

<女性>
1位:ごろごろできない 14.9%
1位:普段会わない親戚と会話しないといけない 14.9%
3位:食事の準備片付けをしないといけない 12.5%
4位:やることがなく手持ち無沙汰になる 10.1%
5位:食事を残せない(量が多い) 5.8%
※上位5位まで掲載

男女別で見ると、男性1位が「やることがなく手持ち無沙汰になる」(16.8%)、女性1位が「ごろごろできない」(14.9%)となっていて、男女で実家に帰省したときの立ち位置が全く違うことが分かる。「ごろごろできない」はどちらも上位にランクインしている。また、「手持ち無沙汰になる」など、やることがなく、どう過ごしたらよいか分からない男性に対して、女性は「普段会わない親戚と会話をしないといけない」「食事の準備片付けをしないといけない」など、常に周囲に気を遣って行動している。

男女ともに、実家に帰省するということは、ある程度の緊張感と窮屈さが伴うものだということがわかった。しかし、親戚付き合いはずっと続くもの。どうせなら楽しくいきたい。まずは帰省=面倒、おっくうという概念を捨てることが大事。普段会わない親戚と話すということは、新しい発見の宝庫でもある。とにかくその場を楽しもう!という気持ちで帰省してみると、また違った風景が見えてくるかもしれない。

【主なコメント】
●ごろごろできない:なんとなくうしろめたい。(25歳・男性)
●ごろごろできない:長男の嫁だから。(52歳・女性)
●やることがなく手持ち無沙汰になる:とにかく携帯をいじって過ごす。(27歳・男性)
●やることがなく手持ち無沙汰になる:食器洗いなどで手伝うと言ってもやらせてくれない。かと言ってその間の過ごし方が分からない。(28歳・女性)
●普段会わない親戚と会話しないといけない:緊張して、何を話せばいいのか分からず気を使うので疲れる。(28歳・女性)
●食事の準備片付けをしないといけない:するのは構わないが、どの程度手伝ったらいいか分からないし、勝手が違うので野菜を切るだけでも、これでいいのかと躊躇してしまって気疲れする。(50歳・女性)
●食事を残せない(量が多い):かなり多い。しかも義母の残り物を食べろとおしつけられる。(34歳・女性)
●好きなTVを見られない:義父がテレビ好きなので、テレビはついているものしか見ることができない。(27歳・男性)
●贈り物・お土産のセレクト:マンネリ化してしまう。(32歳・男性)
●朝早く起きないといけない:姑さんよりも早く起きないといけない気がします。(58歳・女性)
●タバコを吸えない:秘密にしているから困った。(52歳・女性)
●お酒の相手をしないといけない:お酒を一緒に飲みたい気持ちはあるが、お酒が苦手でほとんど飲めない。(30歳・男性)

「SUUMOなんでもランキング」コーナー:住まいに関する様々なテーマについてアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表。

ニュースSUUMO