ここから本文です

6月米求人件数:過去最高に-雇用と自発的離職者は減少、解雇者増加

8/8(火) 23:17配信

Bloomberg

米労働省が8日発表した6月の求人件数(季節調整済み)は増加し、過去最高となった。一方で雇用は減少、解雇者数が増加した。

6月の求人件数は616万3000件と、前月から46万1000件増加した。増加幅は約2年で最大。ブルームバーグがまとめた市場予想は575万件だった。5月は570万2000件に上方修正された。

6月に雇用された労働者は536万人で、前月の546万人から減少。雇用率(全雇用者に対する月間雇用創出の比率)は3.7%で前月と変わらず。

自発的離職者は313万人で、前月の321万人から減少。離職率は2.1%に低下(前月2.2%)した。解雇者は170万人と、前月の167万人から増加した。

原題:U.S. Job Openings Surge to Record in Sign of Robust Labor Demand(抜粋)

Sho Chandra

最終更新:8/9(水) 0:47
Bloomberg