ここから本文です

ニコラス・ケイジ主演、映画「オレの獲物はビンラディン」日本公開決定

8/10(木) 16:53配信

CDジャーナル

 ニコラス・ケイジが主演、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズが監督を務めた映画「俺の獲物はビンラディン」が12月16日(土)より東京・シネマート新宿ほか全国で公開。

 本作は、米同時多発テロ事件の首謀者とされる、ウサマ・ビンラディンの誘拐を企てたためにパキスタン当局に拘束された愛国心溢れる中年アメリカ人男性“ゲイリー・フォークナー”の実話を映画化。ケイジが“パキスタンに行って、ビン・ラディンを捕まえろ”という神からの啓示に従い、日本刀を武器にヨットで単身パキスタンに向かう主人公“ゲイリー”を演じているほか、イギリスのコメディアン、ラッセル・ブランドやレイン・ウィルソンが出演しています。

 なお本作は、9月15日(金)から開催される第10回〈したまちコメディ映画祭in台東〉の特別招待作品に選出されており、9月17日(日)に東京・上野 不忍池水上音楽堂にて開催される映画祭内企画〈ニコケイまつりinしたコメ〉で先行上映されます。詳しくは映画祭オフィシャル・サイトにてご確認ください。

最終更新:8/10(木) 16:54
CDジャーナル