ここから本文です

〔大気不安定〕西日本で局地的に非常に激しい雨 竜巻などの突風にも注意(8/10)

8/10(木) 5:00配信

レスキューナウニュース

西日本ではきょう10日夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降るでしょう。

対馬海峡にある前線を伴った低気圧が、あす11日朝にかけて山陰沖に進む見込みです。この低気圧や前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本では大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雷を伴った1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降る予想となっています。
台風5号の影響で大雨となった地域では、地盤が緩んでおり、少しの雨でも新たに土砂災害が発生する可能性が高くなっています。気象庁では土砂災害だけでなく、低地の浸水、河川の増水や氾濫にも警戒するよう呼びかけています。

■今後の見通し
【予想1時間雨量】(10日)
・70mm  熊本県
・50mm  鹿児島県
・40mm  宮崎県
・30mm  山口県

【予想24時間雨量】(~11日06:00)
・100mm  九州北部地方、九州南部
・ 80mm  近畿地方

また今夜遅くにかけて、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。現在、竜巻注意情報が発表されている地域があります。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、丈夫な建物内に移動するなど、安全確保に努めるようにしてください。

■防災気象情報
【竜巻注意情報】(10日05:00現在)
・熊本県 :10日05:20まで有効
・宮崎県 :10日05:00まで有効
・鹿児島県(奄美地方を除く):10日05:20まで有効

※積乱雲の下で発生する竜巻、ダウンバースト等による激しい突風が発生しやすい気象状況になったと判断された場合に発表。情報の有効期間は、発表から約1時間。

レスキューナウ