ここから本文です

【茨城知事選】三者三様「カラー」競う 10日告示 第一声は水戸・つくば

8/10(木) 7:55配信

産経新聞

 任期満了に伴う知事選が10日、告示される。予想される顔ぶれは、立候補を表明した順に、新人の大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦、現職の橋本昌氏(71)、新人の鶴田真子美氏(52)=共産推薦=の3人。27日の投開票に向け、それぞれのイメージを表現した“カラー”を前面に出し、初日から舌戦を繰り広げる。

 県政の刷新を訴える大井川氏は、爽やかで開放的なブルーがシンボルカラー。初日は午前10時にJR水戸駅南口で、選対本部長を務める自民党の梶山弘志地方創生担当相らと出陣式を行い、第一声を上げる。

 午後1時半には公明党の山口那津男代表を迎え、日立市幸町のホテルテラスザスクエア日立でも出陣式。与党から強力な後押しを受ける。その後、つくば市内でも出陣式を行うため県内を縦断する。

 「県民党」を掲げる橋本氏は、東京都知事選で圧勝した小池百合子氏を彷彿(ほうふつ)とさせるグリーンで勝負。橋本氏を支援する市町村長や連合茨城、県農政連などを集めて午前10時に水戸市千波町の水戸プラザホテルで大規模な出陣式を行い、正午に同市泉町の京成百貨店前で第一声を上げる。

 その後は大洗町の大洗魚市場前、出身地である東海村のJR東海駅東口、ひたちなか市のJR勝田駅東口と県央地域を回る。

 唯一の女性候補となりそうな鶴田氏は明るく華やかなピンクがイメージカラー。10日は県南地域の浮動票を取り込むため、つくば市を中心に支持を訴える。

 午前10時に共産党の田村智子副委員長らとともに、つくばエクスプレスつくば駅前で第一声。同市並木の並木ショッピングセンターや同市松代の松代ショッピングセンターなど商業施設が集まる場所を回り、午後5時には水戸駅南口でも街頭演説を行う。(上村茉由)

最終更新:8/10(木) 7:55
産経新聞