ここから本文です

和×洋、高校生がファッションショー 京都・宇治コレクション

8/10(木) 8:56配信

京都新聞

 京都府宇治市内の高校に通う生徒が企画してモデルも務めるファッションショー「宇治コレクション+α」が9日、同市宇治の市役所ロビーであった。和装と洋装を組み合わせた衣装が披露され、市民約150人が楽しんだ。
 市内6高の生徒が宇治の魅力発信を考える同市の企画「めっ茶、好きやねん‼宇治に届け」の取り組み。ファッションショーは昨年に続き2回目で、今年は生徒約50人が演出や運営を担い、衣装13着を作った。
 ステージはロビーに設けられ、モデル役の高校生が浴衣を腰に巻いたり、黒のワンピースにピンクの帯を合わせたりした衣装で登場。笑顔で歩き、ポーズもしっかり決めた。平等院にちなんで鳳凰をイメージした衣装は大きめのTシャツに羽をあしらったデザインで、目を引いていた。
 モデル役の京都翔英高3年の大河原葵さん(17)=城陽市寺田=は「緊張したけど、お客さんが温かくて楽しくできました」と話していた。
 莵道高と立命館宇治高の茶道部は茶席を設け、市民を抹茶でもてなした。

最終更新:8/10(木) 8:56
京都新聞