ここから本文です

「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹き替え版に高木渉、梅原裕一郎ら人気声優

8/10(木) 7:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「HACHI 約束の犬」「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督作「僕のワンダフル・ライフ」の日本語吹き替え版キャストが決定した。「名探偵コナン」のメインキャラクター小嶋元太の声優で知られる高木渉、人気ゲーム「アイドルマスター SideM」で鷹城恭二の声を演じ、イケメン声優としても注目される梅原裕一郎ら人気声優陣が参加する。

 原作は、W・ブルース・キャメロン氏が、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説「野良犬トビーの愛すべき転生」。ゴールデンレトリーバーのベイリーは、命の恩人である飼い主のイーサンに会いたい一心で、死後にジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードと姿を変えて転生を繰り返し、3度目の転生で念願の対面を果たす。

 高木がベイリー、梅原が10代のイーサンを演じるほか、イーサンのガールフレンドのハンナの声を「夜は短し歩けよ乙女」のヒロイン・黒髪の乙女の声を演じた花澤香菜、大人になったイーサンの声をテレビアニメ「ブラック・ジャック」でブラック・ジャックの声を務めた大塚明夫が担当する。

 高木は、「今や犬や猫はペットとは言えない『家族』」といい、「誰かと会話をするというのではなく心の声(本心)なので、気持ちをそのままストレートに乗せました。そこで人間の立場から思うことと犬の立場から思うことの『ズレ』が絶妙に相まって面白くなれば良いなあと。それと、自分の命を救ってくれたイーサンに対する一途な愛をもって演じました」とコメントを寄せた。

 一方の梅原は、「犬が好きな方はもちろん、今まで犬に触れてこなかった方でも楽しめる作品になっています。本作を見れば、ペットたちが何を考えているのか、彼らの視点から見た人間世界が少し分かるかもしれません」とアピールしている。

 「僕のワンダフル・ライフ」はK・J・アパ、デニス・クエイド、ブリット・ロバートソン、ペギー・リプトンらが出演。9月29日から東京・TOHOシネマズ日劇ほか全国で公開。

最終更新:8/10(木) 7:00
映画.com