ここから本文です

〈THE AUDITION 2017-2018〉開催 グランプリ受賞者はデビューほかフェス出演も

8/10(木) 16:53配信

CDジャーナル

〈THE AUDITION 2017-2018〉開催 グランプリ受賞者はデビューほかフェス出演も

〈THE AUDITION 2017-2018〉開催 グランプリ受賞者はデビューほかフェス出演も

 株式会社フジパシフィックミュージックが中心となって企画された新人発掘オーディション〈THE AUDITION 2017-2018〉の開催が決定。グランプリ受賞者はユニバーサルミュージックからのアーティスト・デビューが決定しており、“THE Sharehappi from 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE”が歌った「Share The Love」をはじめ、倖田來未、安室奈美恵など多くのアーティストを手掛けている音楽プロデューサー、HIRO(Digz所属)や、May J.、BENIなどの作品を制作している今井大介(Digz所属)による楽曲提供ほか、西日本最大級のダンス・ミュージック・フェスティバル〈MUSIC CIRCUS〉や来年開催予定の大型フェスへの出演権なども進呈されます。

 今回の〈THE AUDITION 2017-2018〉では“ヴォーカル部門”へのエントリーを募集。性別・国籍は不問(但し、日本在住の方・日本語でのコミュニケーションが可能な方)、対象年齢は15歳(高校1年生)~30歳(西暦1987年4月2日~2002年4月1日生まれの方)まで。第1次審査は「歌唱動画審査」となり、参加希望者は、J-POPをはじめ様々なジャンルの楽曲を無料で楽しむことのできるカラオケ・アプリ「everysing」(運営: everysingJAPAN)を使って動画を撮影し、エントリーする形式となります。第1期募集の応募受付は8月11日(金)よりスタート。

 オーディションについてHIROは「僕もこれを機に自分の音楽性を広げていきたいと思っています。ジャンルは問わず、たくさんの方とお会いできるのを楽しみにしています」と語っており、今井大介は「皆さんがスターへの階段を登るのを後押しできれば大変嬉しいです」とコメントしています。

最終更新:8/10(木) 16:54
CDジャーナル