ここから本文です

ex.HaKUのフロントマン辻村有記が初の単独ライブで新境地

8/10(木) 11:15配信

エキサイトミュージック

昨日、HaKUの解散からちょうど1年の8月9日、ex.HaKUのフロントマン、辻村有記が渋谷WWWで『辻村有記 SHOWCASE - U -』と称し、単独ライブを行った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

溢れる緊張感の中、近未来を感じるオープニングSEの後、辻村が登場。弾けるようなドラムとともに辻村の新たなるステージが始まる。フロアの中心に辻村、それを取り囲むようにキーボードとドラムセットが並び、全11曲がほぼノンストップで演奏された。

TBS系ドラマ『カルテット』の劇伴制作などで活躍中のfox capture planの井上司氏がドラムを担当。ダイナミックでかつ繊細なプレイで辻村の世界観を刻みながら彩り、歌とドラムが全面に出る新感覚のライブ感となった。

中盤で演奏された「How Are You」で辻村は、「1年前に書き綴った言葉をようやく曲にすることができた」と語り、日々、自問自答してきた生きる価値や葛藤があったとしても“明けない夜はない”と力強く歌うと同時にこれからの可能性を追い求め続けた彼の姿が力強くそこにあった。

辻村はこの1年間あたためてきた楽曲をキレのあるサウンドとグルーヴィなドラムパフォーマンスとともに、噛み締めるように歌い上げた。

本編最後には「この曲で新たな一歩を踏み出せた」と語る、先月配信開始したばかりの新曲「Ame Dance」を披露。雨の情景が広がる中、澄み切った空気と弾けだす水を意識させる幻想的な空間に。

終始、時にクールでありながらも、内面にある強固な意志、溢れる情熱を見せつけた辻村。彼の進撃がはじまった。



≪セットリスト≫
1. Opening
2. Sounds Like You Feel It
3. SE~ おとぎ話
4. SE~ 本音と嘘
5. SE~ Slow Dance
6. Beautiful
7. SE~ How Are You
8. I Told You
9. Wonderland
10. Brave
11. SE~ ひとこと ~ Ame Dance
<ENCORE>
1. I Won’t Forget