ここから本文です

勝連城跡で満月ヨガ 100人、爽やかな汗

8/10(木) 7:29配信

琉球新報

 【うるま】うるま市健康支援課は7日夜、勝連南風原の世界遺産勝連城跡「三の曲輪(くるわ)」で「お城とお月さまとヨガ」を開催した。勝連城跡では、巨大な絵と光で彩る「阿麻和利出陣祭」が20日まで開かれており、参加者たちはライトアップされた勝連城跡と満月を眺めながら、幻想的な風景の中、ヨガを楽しんだ。


 勝連南風原自治会が中心となって進める「勝連城復活プロジェクト」の一環で、当時「二の曲輪」にあったとされる城を再現した絵画がライトアップされている。ヨガのイベントはライトアップに合わせて初めて開催された。

 会場には募集定員を超える100人余の参加者が集まった。雲の晴れ間から満月も見ることができ、夏の涼風を浴びながらヨガを行った。奥田しのぶさん(50)は「世界遺産で、しかも満月を眺めながらヨガをすると聞いて駆け付けた。すごく良い体験ができた」と笑顔を浮かべた。

琉球新報社

最終更新:8/10(木) 7:29
琉球新報